スクール無料化

なぜ無料化なのか



GOEN FUTSAL SCHOOL 代表 長本大将

この度、下記3つの想いからGOEN FUTSAL SCHOOLを無料化にすることに決めました。


■子供達と、親子の笑顔のコミュニケーションの時間を沢山つくって欲しい
■不平等な社会の中で誰にでもチャンスがある公平な環境を作りたい
■上記環境を自ら創り、難しい事へ挑戦する姿勢を子供達に魅せたい。


僕の家庭は父が5歳の時に他界し、母親と姉2人と過ごしてきました。
母は毎日仕事、家事、姉は学校に通いながら、アルバイトや家事をして、私を支えてくれました。

僕が本当に感謝しているのが、小学生から没頭していたサッカーを何不自由なくやらせてくれた事です。 
毎月かかるお金も多かったに違いありません。

しかし、母と姉達が、自分のやりたい事の時間を削り、僕がやりたい事のために自分を犠牲にしていた事。
感謝の気持ちと共に悔しい気持ちも大きいです。

子供の頃、何が一番嬉しかったかというと、

家族みんなが揃って、最初から最後まで笑顔で食事をする事」でした。

なかなか家族揃って食事をする機会もありませんでしたし、家族が揃ったとしてもお金の問題などで、
喧嘩や険悪な雰囲気になることも沢山ありました。

やはり、裕福な過程に比べると、「寂しい」と思う気持ちが強かったように思います。

母子家庭だけでなく、兄弟が多い家庭、介護などの問題がある家庭、両親が共働き。
など、家族が揃う時間が年々少なくなってきているように思います。

そこで、今回の無料化にあたり、子供と親の、
笑顔の時間を沢山つくって欲しいと思っています。

各家庭が子供達の月謝を負担しない事で、少しでも金銭的に余裕が出来た分、金銭を稼ぐことに使っていた時間を、
子供と親がコミュニケーションを取り、思い出になる時間を今まで以上に沢山つくって欲しいと考えています。


地域や社会との繋がりという部分が希薄になりつつある昨今。

我々のスクール名の由来となっている ”GOEN“ 「人と人との縁」の大切さを、
子供達が肌で感じれるようなコミュニティをつくりたいと思います。

無料化にする事で、母子家庭や金銭的に厳しい家庭のみを、対象にしていると思われる方もいらっしゃると思いますが、

入会を希望してくださる全てのご家庭を対象にしています。(定員はございます…)
それは、自分と違う様々な環境にいる仲間を沢山つくってもらいたいからです。

僕は子供の頃から、周りの仲間のお父さん、お母さんなどに沢山可愛がって頂きました。
それは、今も変わりありません。

自分と似たような環境の友達ばかりでは視野が狭くなってしまいます。

色々な仲間がいるから視野が広がり、周りと比べたり、嫉妬をしたりするのではなく、
それぞれの良さを理解して沢山吸収し合えるのだと思います。

そのような想いがあるので全ての家庭を対象にすることにしました。

様々な環境下で生活している子供達の中で、自らが通いたいと思った際に、ハードルを下げて入会しやすくする。

そこからは、どれだけ上達するか。どんな仲間をつくるか。

など、コーチ陣は後押しはしますが、自分次第。 

それが公平な環境だと思います。

開校当初から、自分がしっかりと稼げるようになり、大きくなったら子供達を無料で来れる環境にしていきたい。

そう考えていました。 

しかし、子供達に日頃から伝えている事があります。

それは、

大切なのは「今」という時間。「今」の行動が未来の成りたい自分をつくる

という事です。

自分が本当にやりたいと思うことを、先延ばしにするのではなく、

」やらないでどうするんだ!と偉そうに伝えています。

それなのに、子供達に伝えている事を自分が出来ていない…

非常にカッコ悪い

そんな背中を見せたくない。

まずは、自分がやらないと!!と再認識。

そんな想いから、GOEN FUTSAL SCHOOLの無料化を実施する事に決めました。