1月その②中学生スペシャルクラス

【中学生スペシャルクラス】

正月明けの鈍った体にムチを打つではないですが、今月のテーマはアジリティー強化なります。この1ヶ月でステップワーク、動きの連動や動きの変化からの切り替えを少しでも身につけてもらいます。

 

 

○テーマ【アジリティー強化】

 

○ボールサーキット

⭐️キーファクター
ステップワーク(サイドステップ)
ボールタッチ
素早く動く
ジャンプ
初速(1歩目2歩目)

 

 

 

 

 

▼初速を意識する

初速で大事になってくるのが1歩目と2歩目になる。ボールを扱うドリブルでもそれは同じと言えるだろう。ただ単にダッシュだけのトレーニングではなく、いろんな動きの混ざっているので次の行動に移る際、スピードを落とさないスピードが乗った状態で次の行動に移れるように意識する。
その為、初速の所は重要になってくる。

 

 

▼細かいジャンプ

コーンを両足ジャンプで飛び越えていくことで、体幹トレーニングにつながる。膝を上手く使った滑らかな体重移動が重要になってくる。

※辛い時、しんどい時、いかにボールを扱い動くことができるのか。試合の中でもよくある場面。サッカーで言うと後半残り20分そんな時にでもパワーを持ってやって貰いたい。

※トレーニングをやらせる側もやる側を鼓舞する声かけ(少しでも元気が出る)をしてあげる。決して無理矢理やらす様な声掛けは避けてあげてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

○1vs1

⭐️キーファクター
認知(相手、スペース、ゴール)
シュート
ドリブル(逆を突く)
ステップワーク
切り替え(トランジション)
目的の達成

 

 

 

 

 

▼どこでパワーを発揮するか

前のトレーニングで疲労が少し出る中、広いコート、30秒の勝負の中でどこでパワーを出すのかを使い分ける。

 

①抜き去る

奪われるとピンチになるので、相手を抜き去りゴールへ向かう。

※抜き去るにも常にパワーを出すのは難しいが一瞬の隙を突く所にパワーを持っていくのがオススメ。

 

②奪って置き去る

守備側に回ってしまった時、これが相手にとって1番ダメージを与えられる事だと思う。

※但し、少しでも緩めてしまうと相手の帰りに巻き込まれる事があるので注意。

 

③シュート

①②だけで終わってしまっては何もならないので、相手を仕留める為には重要な事になる。

※GKとの1vs1、守備を抜いた後GKの不意を突いたシュート、GKが取れないシュート打つ気持ちが大事になる。

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

トレーニングの強度がかなり高かったのでリラックスゲームを行いました。
初めのうちは、ワイワイと楽しくやっていましたが、だんだんと本気度が増してきて疲労も忘れガチゲームになってしまいました。
やるからには勝ちたいという気持ちの表れなんでしょうか!少しずつメンタルの成長も感じられるゲームでした。

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している
↓そんなオンラインサロンはこちらです↓
↓ 画像を押すとページに飛びます        ↓

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!
1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します