12月その③中学生スペシャルクラス

【中学生スペシャルクラス】

攻撃方向に体の向きなどの準備をしっかりして、ボールを受けた時、受ける前でパスコースを消していないかを注意しながらプレー出来たでしょうか。

 

○テーマ【ピヴォ当て】

 

○ドリルパス

⭐️キーファクター
認知(味方、人数)
パス(正確性、強弱)
フェイク
タイミング

 

 

 

 

 

○テンポ

 

12月その②中学生スペシャルクラストレーニングメニュー参照

 

 

○ダイレクトでパスを回す
①正確にパスを出す
②人数を見る
③パスを出した後動く

 

※この3つを重点に行う

 

どれも重要になるが、特に②の所をしっかりしないと場所によっては人が居なくなりパスコースがなくなる。そうならないように、順番が回ってくる前に状況を把握、回ってきた時の状況変化に対応する。
例として、人数が集まっている所にパスを回し、人数の少ない所に動くなど。

 

 

 

 

 

 

 

 

○ピヴォ当てシュート

⭐️キーファクター
認知(味方、ゴール)
コーンを交わす
パス(コーン交わした後速く)
ピヴォ当て
落とし(味方に向かって)
要求(パスの欲しい方)
目的の達成

 

 

 

 

 

 

○ピヴォ当てシュート
①落とすタイミング
②走り込む方向
③利き足

 

シューターとピヴォが3つ合致すると打つ事が出来る。

※特に守備が付くとこの3つは更に重要視される。それを見落とさない為にピヴォもシューターも認知の部分での精度を上げなければいけない。

 

※その他気をつけなければいけない事は、過去のブログに書いているのでご覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

ピヴォ当ての意識が高く、スイッチ、テンポを使いながら当てる動作が多くなってきました。ただピヴォもボールを受けたい気持ちがあり、高い位置でのポジションに我慢出来ず落ちてきてしまう事がありました。それでは、ピヴォにボールが入っても絡むスペース、前進する距離が生まれないので、少し我慢してボールを受けれるようになれば攻撃のバリエーションも増えると思います。

 

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます    

 

 

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します