12月その②トレーニングメニュー

【幼稚園クラス】

細かく沢山ボールを触る、ボールを押し出すなどいつもとは違うボールの触り方でドリブルにチャレンジ出来たでしょうか。そしてそのタッチを活かしてボールを運べたでしょうか!

 

○テーマ【ボールフィーリング】

 

○1vs1/ゲーム

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、ゴール、スペース)
ボールと一緒に動く
方向を変える
守備を交わす
騙す
目的の達成

 

 

 

 

 

○総評

押し出して運ぶこと難しくまだまだ出来ませんでしたが、ボールを前へ運ぶ意欲は日に日に増してきていると思います。蹴って走るのでも、蹴って待って走るの動作から、待っての所が無くなりボールを追いかけるスピードが上がっています。なので外に出ていくことが減りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【低学年クラス】

動きながらボールを受ける、動きながらボールをコントロールするの2つにチャレンジしてもらっています。~しながら~をするっというのは低学年には難しいですが、意識しながらチャレンジ出来たでしょうか。

 

○テーマ【1stコントロール】

 

○対面パス

⭐️キーファクター
認知(味方、ボール)
1stコントロール(止める、動かす)
パス(味方に出す)
ドリブル

 

 

 

※12月その①トレーニングメニューを参照

 

 

 

 

 

 

 

○1vs1or 2vs2or 3vs3 

⭐️キーファクター
認知(味方、相手、スペース、ゴール)
パス(足元、スペース)
1stコントロール(止める、動かす)
コンビネーション
体の向き
フリーラン
目的の達成

 

 

 

 

 

 

○アクションを起こす

1vs1であればボール保持者だけでプレーは出来るが複数になった時どんな動きが出来るか。

 

①マークの背後を取る

動きでまず狙わないといけない所はマークの背後を狙ってゴールに向かう。

 

②コースを開ける

ボール保持者のドリブルコースを開ける動き(ボール保持者と同じサイドの裏に走る)をわざと入れる。

※守備のプレッシャーが弱ければ、ボールを受けることも出来る。

 

○ゴールがラインゴールなので、スペースでボールを受けた時ゴールへ近づける為に1stコントロールが重要になる。

 

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

ゲームの内容が凄く良くなっています。ボール有無に関係なくスペースを活かす動きが出て来ると躍動感が増します。ボールをもらった時のコントロールが止めるだけでなく、動かすコントロールに失敗、成功をしながらチャレンジ子が多かったのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

【高学年クラス】

ボールへのプレッシャーだけでなくチームとしてどのようにゴールを守り守備をしていくか。各々で場面によって変わってくる役割を理解して出来たでしょうか。

 

○テーマ【守備(チャレンジ&カバー)】

 

○4vs2

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、スペース)
チャレンジ&カバー
ボールプレス(手が届く)
コミュニケーション(守備の指示)
トランジション(攻⇄守)
目的の達成

 

 

 

※12月その① 2vs2トレーニングメニューを参照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○1vs1or 2vs2or 3vs3 

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、スペース)
チャレンジ&カバー
ボールプレス(手が届く)
コミュニケーション(守備の指示)
トランジション(攻⇄守)
目的の達成

 

 

 

 

 

 

 

○チャレンジ&カバー発展

 

▼チャレンジ

当スクールとしての基準を定める。ボールへのプレッシャーは手を伸ばした所まで寄せる。

※ただし、パスを受ける人がコントロールをするまでに寄せる。コントロールしてから寄せてしまうとパスで逃げられたり、ドリブルで交わされる可能性があり置き去りにされてしまう。

 

▼カバー

 

①体の向き

カバーに入る人は、ボールだけを注視するのではなく、ボールとマークする人が視界に入る体の向きを作る。

 

②ステップワーク

パスを出す人、受ける人との距離がある場合チャレンジからカバーへ移るステップがバックステップだと位置に着くまでに時間がかかりマークしてる人に裏を取られてしまったり、チャレンジが抜かれた後のカバーに遅れて入る事になる。

※少しでも速くカバーの位置に着く為には、クロスステップで対応するようにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

ボールへのプレッシャー、個人で守る意識は高くなってきたと思います。ただ、プレッシャーをかけた人が抜かれた時に誰が次にプレッシャーを掛けるのか、ボールやマークを前進させないようにするには、どんなケア(カバー)が必要になってくるのかなど、まだまだ課題は山積みです。

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます     

 

 

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します