11月その④中学生スペシャルクラス

【中学生スペシャルクラス】

駆け引きに対してボール保持者がパスを出すタイミングを逃さない、その為にボールの持ち方置き所など細かい事、駆け引きからキャンセルして攻撃の再構築をして前進する事が出来たでしょうか。

 

 

○テーマ【2人の関係で攻める】

 

○1vs1+パサー

⭐️キーファクター
認知(相手、スペース)
パススピード
裏を狙う・フェイク
動きの変化

 

 

 

 

 

 

▼パスを出すタイミング

2人が向き合った状態で動く為ボールがどこから出てくるかはわからない。なので、パスに対して足を出して阻止はされにくい。
動きには十分対応されるの為少しのチャンスも逃してはいけない。

 

 

※いつ出せばいいのか?

守備から体が半歩でもズレて体が見えた瞬間を狙う。この瞬間を逃してしまうと足を出してボールを取る事はないが、動きに対応してきた後ろ姿にボールは当たってしまう。
動き終わった所にパスを出すのではなく、守備を交わすタイミング(動いている状態)で出してあげる。

 

※実際、出し手としてこのタイミングは凄く難しいと思う。チャレンジエラーを繰り返し、成功の回数を増やして行く。

 

 

▼パスを出す

 

①準備

いつでも出せるようにボールの置き所、体勢を作っておく。

 

②パス

半歩のタイミングを狙う為にパスのスピードが遅いと通らないので速いパスを出してあげる。

 

 

 

 

 

○2vs2

⭐️キーファクター
認知(味方、守備、ゴール、スペース)
幅を取る(ギャップ)
ボールを前進させる(縦の意識)
パススピード
パス(出すタイミング)
キャンセル
2人の関係(ワン・ツー、パラレラ、ブロック・コンティニュー、ディアゴナル)
裏を狙う・フェイク
体の向き
1stコントロール
目的の達成

 

 

 

 

 

 

 

▼裏を狙う→キャンセルを見極める

タッチ数が限定されてる為、この見極めをしっかりしなければパスコースが無くなったり、ボール保持者がボールを失ってしまう。

 

※見極めるタイミングとしてボール保持者へのプレッシャーが緩い時は積極的に裏を狙いに行けばいいと思うが、足を出せばボールに触れる、出されたパスに足が届く所まで来ているのであればそこは、すぐにキャンセルをして攻撃の体勢を整える事に切り替える。

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

駆け引きの所が良くなった分抜群にワン・ツー、パラレラ、カーテンからのピヴォ当てが上手くなりました。キャンセルの所もフェイクがしっかり入っているのでやり直しから再度2人の関係を作り直す事も攻撃に厚みが出て来たと思います。

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます     

 

 

 

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します