11月その③中学生スペシャルクラス

【中学生スペシャルクラス】

 

先週の出来なかったこと(駆け引き)の所があまりにも良くなかったので相手の裏を取る、自分のプレーエリアを確保することをしながらゲームなどに取り組めたでしょうか。

 

 

○テーマ【駆け引き(フェイク)】

 

○1vs1

⭐️キーファクター
認知(相手、スペース)
パススピード
裏を狙う・フェイク
動きの変化
声で騙す
ハンドシグナル

 

 

 

 

 

 

 

▼逆を突く

①動きで突く

動きでフェイントをかけて相手を揺さぶりかける。

※少しダイナミックな動きでフェイントを入れると大きいスペースを作れ、ちょっとしたスペースを作るには小さなステップの動きを入れると作りやすくなる。

 

 

②声で惑わす

声を出すことによって相手の気を引きつけたり見る動作が出てくる。それを利用して逆を突く。

※ボールを欲しい時声を出すという事はよく言われるがその逆もある。ボールを受けるつもりはないけど、気をひきつけて実は逆でボールを受けるなども出来る。

 

 

③ハンドシグナルを出す

①②の中に③を混ぜる。相手が見てない時に先に合図を送り、その合図と逆の方向であたかも受けるフリをする。出し手もあらかじめ出して欲しい方向がわかるので準備はしやすくなる。

※①②③共通して言える事は首を動かせる事が重要になる。そこが上手く出来れば相手の逆を突きやすくなる。肩の動きなども見るとより良い。

 

 

 

 

 

 

○1vs1+1

⭐️キーファクター
認知(味方、守備、ゴール、スペース)
2人の関係(ワン・ツー)
パススピード
裏を狙う
フェイク
体の向き
2人で攻める
1stコントロール(止めて相手を誘う)
目的の達成

 

 

 

 

 

 

 

▼1vs1の動きを参考に動く

※上記のトレーニング内容参照。

ここでは攻撃方向があり、ボールを奪わないと攻撃が1人増えるので守備は注意しなければいけない事が多くなる。
攻撃は、何が目的でどこを狙うのか事を前提に動かなければいけない。
攻撃方法として、守備の裏を突きゴール目指す方法と、足元でボールを受け奪いにくる事を誘い出しワン・ツーで背後を取る、駆け引きの中でリターンを繰り返し2vs1を作り出す、この3つを上手く使い分ける。

 

 

 

 

 

 

 

○2vs2

⭐️キーファクター
認知(味方、守備、ゴール、スペース)
幅を取る(ギャップ)
ボールを前進させる(縦の意識)
パススピード
2人の関係(ワン・ツー、パラレラ、ブロック・コンティニュー、ディアゴナル)
裏を狙う・フェイク
走り込む
目的の達成

 

 

 

 

 

※11月その②トレーニング内容参照

 

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

駆け引きの所が出来ることによっていかに自分がプレーしやすいのかがわかってくれたと思います。ゲームの中でもある程度余裕を持ちながらプレーしていたり、相手の守備を上手く崩す事が出来るようになってきました。
ただ、今週は駆け引きに特化したトレーニングが多かったから今日は出来たではなく、無意識にでも出来るようになりましょう。

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している
↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます     

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します