11月その②中学生スペシャルクラス

 

【中学生スペシャルクラス】

 

コートいっぱいに横幅、縦幅を作るので、パススピードであったり、横に運んだ時に裏を狙う動きからフェイクに変えるなど細かな事を意識して出来たのでしょうか。

 

 

○テーマ【ピヴォのいないサイドで攻める】

 

○シュート

⭐️キーファクター
認知(味方、スペース、動き方)
パススピード
2人の関係(パラレラ、ワン・ツー、ブロック・コンティニュー、ディアゴナル)
裏を狙う・フェイク
動きの変化
目的の達成

 

 

 

 

 

※トレーニング内容やコツなどはトレーニングその②③を参照ください。

 

 

 

 

 

 

○2vs2

⭐️キーファクター
認知(味方、相手、ゴール、スペース)
2人の関係(ワン・ツー、パラレラ、ブロック・コンティニュー、ディアゴナル)
パススピード
裏を狙う
フェイク
シュート(ダイレクト)
体の向き
1stコントロール
目的の達成

 

 

 

 

 

 

▼駆け引きをする

先週のトレーニングから守備が1人増え、ボール保持者の守備の動きだけを見て動き出すのではなく、駆け引きしなければいけない事が増えた。

 

①裏を狙う

スタンディングでボールを受けてしまうと守備のプレッシャーを受けやすくなるのと、ボールを持っていない人が1番に狙わなければいけないのは裏のスペースである。

※ボール保持者へのプレッシャーによって最初に裏を狙えない時があるので味方の状況を見て動かなければならない。

 

 

②フェイク

①の動きを踏まえて、マークの付き具合で動きに変化を起こす。
裏を取れているのであれば、裏を取る。
マークを振り切れず、裏を取れなければ急に止まりマークとの空間を作る動きをする。

 

 

③パススピード

縦の突破するラインは長くないが横幅をしっかりとっているので、裏に抜け出した人へのパス(斜めに出す、横に出すのとあまり変わらない)と横へ出すパスが遅いと相手に取られてしまう。

※裏へのパスであると守備が戻る間にカット、横のパスであるとフェイクにかかったとしても守備を立て直し奪うまでの時間を与えてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

○2vs2+ピヴォ

⭐️キーファクター
認知(味方、守備、ゴール、スペース)
幅を取る(ギャップ)
ボールを前進させる(縦の意識)
パススピード
2人の関係(ワン・ツー、パラレラ、ブロック・コンティニュー、ディアゴナル)
裏を狙う・フェイク
走り込む
PIVOのポジショニング
目的の達成

 

 

 

 

 

 

2vs2の内容を理解して、2vs2+ピヴォをやらなければいけない。ゴールを奪うためにボールをゴールに近づける方法として、縦のピヴォ当てや、2人の関係でピヴォのいないサイドを突破する手段を持ち合わせていなければならない。

※ここで重要になってくるのは、ピヴォがどこにいるかもしっかり見なければならない。
ピヴォのいるサイドで2人の関係で崩すと守備のカバーが入ってきたり、同サイドに人が密集してボールを奪われた時、相手に空いたスペースを使われて攻め込まれてしまう事が出てくる。

※2人の関係で崩す事が目的にならず、ゴールを奪う手段としてという事を忘れない。

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

横幅をいっぱいいっぱい取ることによってパススピードを上げてやらないと守備の餌食になってしまう事がわかってからは少し変わってきました。ただフェイクに苦戦していた部分はあったと思います。フェイクがただのフェイクになっているだけでどのようにしたらフェイクに引っかかってくれるのか、どこを狙いにしていかない事を忘れてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます     

 

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します