11月その①中学生スペシャルクラス

【中学生スペシャルクラス】

ピヴォのいるサイドといないサイドでの攻め方の変える。その為にはピヴォの位置を見てプレーする事が出来たでしょうか。

 

 

○テーマ【ピヴォのいないサイドで攻める】

 

○戦術練習

⭐️キーファクター
認知(味方、スペース、動き方)
パス(足元、スペース、浮き球、ゴロ)
戦術理解(パラレラ、ワン・ツー、ブロック・コンティニュー)
裏を狙う・フェイク
1stコントロール(動かす、止める)
攻撃方向の意識
目的の達成

 

 

 

 

 

※トレーニング内容やコツなどはトレーニングその②③を参照ください。

 

 

 

 

 

 

○2vs1

⭐️キーファクター
認知(味方、守備、ゴール、スペース)
ドリブル突破
2人の関係(ワン・ツー、パラレラ、ブロック・コンティニュー)
シュート(ダイレクト)
体の向き
パス(進行方向)
目的の達成

 

 

 

 

 

 

 

 

▼守備を突破する

ワン・ツーやパラレラで突破することはブログの中でも紹介している。ルール上ドリブル突破が可能になった場合何が出来るのか。

 

▼ドリブル突破

2vs1でどちらか優位であるかはわかる。優位な状況を活かす為にボール持ってない人もプレーに参加する。

 

①ブロック

ドリブルのコースを作ってあげる。守備のボールを追いかける進路に入って邪魔をして、ボールと守備の距離を離してあげる。

 

②コンティニュー

ドリブルでコースを作るだけで終わりではない。再びプレーに参加する為にボールを受けれるようにブロックした守備の背後の裏のスペースに動き、味方の選択肢になってあげる。

 

 

 

 

 

 

 

 

○2vs2+ピヴォ

⭐️キーファクター
認知(味方、守備、ゴール、スペース)
幅を取る(ギャップ)
ボールキープ
ターン
ボールを前進させる(縦の意識)
パススピード
2人の関係(ワン・ツー、パラレラ、ブロック・コンティニュー)
ピヴォ当て
走り込む
目的の達成

 

 

 

 

 

 

 

▼空いたスペースを活かす

 

①2人の距離をしっかり取る

距離を取ることによって守備のギャップが空くことによって横の関係だけでなく、縦の関係も作られている事を守備に意識させる。

 

 

②パス

①を作ることによって味方同士の距離は開いてしまう。長いパスを出さなければならない。パススピードとしてはもちろん、速いパスを意識しなければならない。

 

 

③フリーラン

①を作ることによってボールを持っている人は横に動くスペースは作られているので、そのスペースを活かしながらボールを持っていない人は裏のスペース狙う動きをしたり、フェイクを使ってボールを受けなければならない。

※裏のスペースを使う意識に守備が反応してコースを消しにこれば、次は縦のパスコースがある事も頭に入れていれば、横の関係をキャンセルして縦の関係に切り替える事が出来る。

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

まずは、ピヴォがいないサイドを作る為に分かりやすくどちらかに動いてあげる事で2人の関係が作りやすくなります。その為には、しっかりとピヴォの位置を見てプレーしなければなりません。そこが出来れば、ピヴォのいないサイドでの崩しにドンドン仕掛ける事が出来ます。

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます      

 

 

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します