10月その①トレーニングメニュー

【幼稚園クラス】

転がっているボールに素早く反応して自分のボールにするなどのボールを触るために動き出す事が出来たのでしょうか。

 

 

 

○テーマ【ボールフィーリング】

 

○ドリブルシュート/ゲーム

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、ゴール、スペース)
行きたい方向にボールを運ぶ
ボールと一緒に動く
ボールを止める
反応
目的の達成

 

 

 

 

転がっているボールに対して反応良く追いかける事が出来ていました。ころんでも素早く立ち上がりボールを追いかける今までにない意識もみられるようになりました。
ドリブルも前に動くだけでなく横に動く事も増え、相手を抜けるようにもなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【低学年クラス】

ダイレクトシュート、ドリブルシュート、パスを受けてシュートなどのゴールを奪うことにトライ出来たのでしょうか。

 

 

 

○テーマ【ゴールを奪う】

 

○シュート

⭐️キーファクター
認知(ボール、ゴール)
ボールをすぐ触る(振り向く)
シュート
強いシュートを打つ
バウンドを合わせる

 

 

 

 

 

▼股を通してシュート
通ったボールに対してシュートのタイミングを変える。

 

①股から近い

シュートを打つまでの踏み込みがしっかり出来ないので、ボールを少し運びゴールに近づけてシュートに持っていく。

 

②股から遠い

ゴールから角度のある所までに追いつき、ダイレクトでシュートを打つ。

※ボール出し役は近い、遠いを使い分ける。
タッチライン際に出してしまうとダイレクトで打ちづらいので、遠い方のボールはシュートが打てる所に出してあげる。

 

③頭上を通る

ボールのバウンドを合わせる。ストレートのシュートを打つには地面から跳ね返りの瞬間を蹴る。ドライブなどをかけるのであればボールが浮き上がってきた所を蹴る。

※ゴールから背を向けた所から追いかけるので反転を速くしてボールを追い掛ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

○シュートその②

⭐️キーファクター
認知(味方、スペース、ゴール)
パスの出し所(進行方向)
パス(折り返し)
強いシュートを打つ
タイミングを取る
ワン・ツー

 

 

 

 

 

 

▼シュートまでの道のり(ワン・ツー)

ゴールへ向かう為に前進させる。パスの出し手としては足元に出すのではなく、進行方向へ出してあげる。
受け手としては、ボールより前に出てしまうとコーン間にパス出せない、後退してボールを取らなければならない。

 

 

▼プルアウェイ

プルアウェイは英語で「pull(引っ張る) away(行く)」という意味になる。
動き方としてはまず相手の守備にの近くに寄っていき、そこから急激に空いているスペースに走り出してボールを受ける動きになる。

[メリット]

守備のマークを外す、サイドの折り返しへのタイミングを作りやすくなる。

 

 

 

▼強いシュートを打つ

待ち構えた状態、ゴールに背を向けた状態からでは強いシュートは打ちづらい。
プルアウェイでタイミングを作り、ボールを迎えに行く形だとしっかりとボールに対して踏み込み体重を乗せたシュート打つことが出来る。

 

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

トレーニングでやったサイドからの折り返しのシュートの意識がありゴールに結び付けることが出来ていました。全体的にもシュート本数が増え、1人1人のシュート意識をしっかり持ってゲームに入れたのかと思います。
あとは、ゴールを決める為にはどこにシュートを打てば入るのかGKの位置をしっかり見ましょう!

 

 

 

 

 

 

 

【高学年クラス】

ピヴォという役割を認識し、上手く使いながら前進させるだけでなくボールが前に入った後の絡みまで出来たのでしょうか。

 

 

 

○テーマ【ボールを前進させる】

 

○2vs2

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、スペース、ゴール)
突破
シュート
1stコントロール
裏を狙う
戦術(ワン・ツー、パラレラ)
シュートを防ぐ
チャレンジ&カバー
ボールへのプレッシャー
目的の達成

 

 

 

 

※10月その①スペシャルクラス参照

 

 

 

 

 

 

 

○2vs2+1

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、ピヴォ、スペース、ギャップ)
パス(浮き球、ゴロ、ダイレクト)
体の向き(目的方向)
1stコントロール(相手をずらす)
目的の達成

 

 

 

 

 

▼ピヴォに当てるアイデア

 

①浮き球を使う

狭いゾーンでの2vs2なので人の間隔が近くなりパスコースを作るのが難しくなる。ゴロパスでは、足に当たったりしてしまうので、下のパスコースだけでなくうえにもパスコースがある事を持ち合わせておく。

 

②ダイレクト

ボールを止めてパスをすると相手のプレッシャーがかかるのでプレッシャーがかかる前にダイレクトでパスを出す。

※立ち止まったままダイレクトで出すのもいいが、少しボールを迎えに行く形でダイレクトパスを行なうと蹴りやすいのと相手の意表を突く事ができる。

 

 

 

※①②共にパスが成功したから終わりではなく、次の目的としてリターンを受ける為に次に動き出さなければならない。それはパスを出した人だけでなくもう1人も動くという事を忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

限定ルールでピヴォ役として決められたゾーン作りました。前回、縦のコースを上手く作り使う事がなかなか出来ませんでしたが、今回は縦を意識し、上手く使いながら攻める事が出来ました。少しずつフットサルらしいゲームになって来たと思います。

 

 

 

 

 

クラウドファンディングを立ち上げ、1週間が経ち、皆様のお陰で100万円を越える事が出来ました。
でもまだまだ達成はされておりません。
是非ともGOEN と共に月謝無料化スクールを確立、
成長させ、ステキな場所を一緒につくりましょう!

 

↓     画像を押すとページに飛びます     ↓

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます      

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します