9月その③トレーニングメニュー

【幼稚園クラス】

前や横の動きだけでなく、今回は回る動きも取り入れいつもとは少し違うボールの触りなどは出来たのでしょうか!

 

○テーマ【ボールフィーリング】

 

○ドリブル練習/ゲーム

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、ゴール、スペース)
行きたい場所にボールを運ぶ
ボールと一緒に動く
ボールタッチ(細かく)
目的の達成

 

 

 

 

 

ドリブル練習でのコーンを回るのが少し難しかったのか、大きく回ってしまいボールがあちこちに行ってしまいました。小さく回る為には、細かく沢山触ってやってみようとアドバイスを入れるとチョンと蹴ってボールが流れていかないようにインサイドで守ったり、インサイドタップで回る子もいたので今までやってきた事が少しずつ身に着き始めています。

 

 

 

 

 

 

 

【低学年クラス】

ボールを上手く扱うには、キャプテン翼ではないですがボールと友達にならないとダメなんです!短い時間でも仲良くなれたのでしょうか!

 

○テーマ【ボール保持】

 

○1vs1

⭐️キーファクター
認知(相手、周りの人、ボール、スペース)
ボールと一緒に動く
ボール保持(逃げる、キープ、勝負)

 

 

 

 

 

ルール上、ボール保持者は相手から逃げてもよしキープしてもよし1vs1で勝負してもよしたが、ボールが他のグループの人に当たったり、保持者が人にぶつかるとボールは相手ボールになる。(守備者がボールに触るだけでは交代にはならない)

 

 

▼ボール保持する為には

①逃げる

逃げる方向への視野はしっかり確保出来、思った所へ運べれば他の人と当たることはないが、逃げ続ける事によって体力の消耗や守備者の位置が把握出来なくなる。
逃げ切れているなと思えば、少し逃げるのを辞めて周りや守備者の確認をするといいと思う。

 

②ボールキープ

ボールをしっかり守る為や相手が取りに来るのであれば相手を感じられる。ただボールをキープする事によってボールに集中しがちになるので周りの人やボールに目を向ける回数が減ってしまう。そこで①も混ぜながら取られないようにする方法をありだと思う。

 

③正対する

ボールを奪われる確率は①②と少し上がってしまうが相手、周りを180度見る事が出来る。相手を抜きにかかる時は注意しなければならない。ボールを離さない、近くに他の人達がいないかをしっかり確認しないとボールや人に当たってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

○1vs1ゴール付き限定ゾーン

⭐️キーファクター
認知(相手、ゴール、ボール、スペース)
ステップワーク
ボディーフェイント
ボールと一緒に動く
ボールの置き所
逆を突く
シュート
仕掛ける位置
目的の達成

 

 

 

 

 

▼シュートを打つ為に方法を考える

前回のブログでも書いた相手を誘い出す、相手に仕掛けることを上手く使い分けながらシュートまで持っていく。ただし今回は、限られたゾーンなのでより抜け出すタッチを繊細にしないとシュートまでの間にラインアウトしてしまう。前回のことも踏まえて、伝えてあげると良いと思う。(そこにフリーズはかけずに伝える)

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

1.2年生は空いている所にボールを運んで行くことが段々と上手くなってきているし、3年生は、スペースに運びながらも次のスペース見つけてそこに入っていけるよう、相手を交わしたりしてボールと一緒に動く事が凄く上手くなって来たと思います。

 

 

 

 

 

【高学年クラス】

前回の事が頭に残っているのか、それを活かしながら新たなアイデアを生み出す事が出来たのでしょうか。

 

 

○テーマ【縦の関係】

 

○ボール出し

⭐️キーファクター
認知(周りの人、スペース、外野)
ボール保持
ボールと一緒に動く
ボールの置き所
チャレンジ(ボールを出しに行く)

 

 

 

 

 

目的を持ってボールを運ばなければ簡単に外に出されてしまう。人数の多い中で常に集中した状態、しっかりとボール保持し周りは、いつでも狙ってる状態を見逃さない。
ボール保持だけの人、チャレンジして外にボールを出しに行く人といるが、どちらが良くてどちらが悪い訳ではないが、油断している人がいたらどうする?ドンドン人が減っていった時に自分が勝つ為にはどうすればいいのかという所も勝負の駆け引きで大事になる。

 

 

 

 

 

○縦2vs2

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、ゴール、スペース)
ボールキープ
サポート(フェイク)
選択肢の確保(パス、ターン)
2人の関係(奥行き)
2vs1を作る
目的の達成

 

 

 

 

 

前回のトレーニングから縦の関係(奥行き)をしっかり出して出来たのだが、中々上手く攻める事が出来なかった。

 

▼原因

①ピヴォに当てるパススピードが遅い

奥行きが取れているのにパススピードが遅くピヴォにボールが届くまでにマークを外してプレーしなければいけないのに、外している間にピヴォを追い越してしまい、ピヴォが孤立してしまい2人の関係がなくなってしまう。

 

②ピヴォの選択肢

ボールが来る前からプレーを決めているのか、ワンタッチでボールをはたき失っている事が多かった。奥行きを作っているので、パスだけでなくトラップをして味方の動きに対してパスを出す、マークのつき方によってターン、ターンするフリしてパスなどの選択肢を持たなければ守備は簡単に守れてしまう。

 

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

ピヴォとまではまだまたいきませんが、奥行きを作り縦のコースでパスを受ける準備をしている子が出てきました。
その後のアクションとして、パスを出した人がボールに絡む動きを入れたりと前進する意識、ボールに絡む意識が高くなってきたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

【中学生クラス】

縦の人にボールを入れる為に自分はまず何をしなければいけないのか、縦に入った後はどうやって相手を剥がしてボールを受けれる工夫が出来たのでしょうか。

 

○テーマ【縦の関係】

 

○1vs1+1

⭐️キーファクター
認知(相手、ピヴォ、スペース、ゴール)
動き出す(裏を突く、フェイク)
ピヴォ当て
ピヴォ当てキャンセル(縦突破)
1stコントロール
目的の達成

 

 

 

 

 

▼マークを外す

①裏を狙う

まずは、これを見せないことには相手は動かない。

 

②逆を突く

動き出して後追いで付いてきた相手の位置を見る。特に付いてこれなくなるのは、サイドであればマークと横に並んだ時、前後であれば背後に取った時に顔が自分の方に向いた時がチャンスになる。

※フェイクも3回も4回もやってしまうとただ目の前で動いているだけになるので、相手の位置やスピードの緩急をつけて一瞬で離すとボール保持者もパスはしやすくなると思う?

 

 

 

 

 

 

○1vs1ピヴォシュート/総評

⭐️キーファクター
認知(相手、ゴール)
ボール保持(キープ)
ボールの置き所
体を使う(背負う)
ターン(相手の逆を突く)
目的の達成

 

 

 

 

 

体が大きい小さいとか、パワーがあるないとかは関係なく、体の使い方をしっかりすればキープは出来ます。キープで終わるのではなく、ボールを相手から隠せていればボディーフェイントを上手く使いターンをすれば相手の逆を突きやすくやります。ボールは触りすぎがポイントにもなると思います。

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓
↓ 画像を押すとページに飛びます ↓

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します