9月その②中学生スペシャルクラス

【中学生スペシャルクラス】

 

3人の関係でコート幅を上手く使いながら、味方を助ける動きやスペースを狙う動きなど使い分けゴールに向かって前進出来たのでしょうか。

 

 

 

○テーマ【グループ戦術】

 

 

○フッチバレー

⭐️キーファクター
認知(相手、味方、スペース)
レシーブ(味方が触りやすいボール)
リターンボール(相手が取りにくい所)
ポジショニング
駆け引き(利き足、スペース、ボールの強弱、高低)
協力(声を掛け合う)
目的の達成

 

 

 

 

 

▼フッチバレーとは

フッチバレーはコパカバーナ(ブラジルリオデジャネイロ)発祥のスポーツである。
バレーボールと同じルールで、手で扱うのではなく足でボールを蹴って行なう。

※今回は、特別ルールとしてサーブで飛んでくるボールはワンバウンドしてもOKだがそれ以外はワンバウンドは禁止。

 

 

 

▼他競技の楽しさと共通点

○楽しさ、共通点

得点を奪う、仲間と協力し合う、駆け引き、チームスポーツ

 

 

▼楽しさを増やすには?

○ラリーが成立する

サーブボールだけで終わってしまうのは、両チーム面白くないと思う。

 

①ポジショニングをしっかりする

ボールがどこに落ちてきてもいいように準備をしながら、立ち位置などを確認する。特にラインに近い人はコート外に出ないなどを注意する。

 

②体の向きを整える

ボールをみながら常にコート内を見える体の向きを作る。

※レシーブボールがコート外に行ってしまった場合はコートを背にボールを追いかけるのは仕方ない。

 

 

○駆け引きを楽しむ

ラリーが続くようになれば、続けるだけではなく得点をあげれるようになれば楽しさも増える。

 

①空いてるスペースを狙う

簡単にボールを相手に返すだけでなく、人がいない所(左右前後)人と人の間などを狙って相手を動かしたり混乱を招かせる。

 

②相手の不得意な足を狙う

少しでも得点の確立を上げる為に不得意な足を狙い、レシーブやリターンさせないようにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

○戦術練習

⭐️キーファクター
認知(味方、スペース、動き方)
パス(足元、スペース、浮き球、ゴロ)
戦術理解(エイト、パラレラ、ワン・ツー、ブロック・コンティニュー)
フェイク
コミュニケーション(戦術の発信)
攻撃方向の意識

 

 

 

 

 

▼ブロック・コンティニュー

味方が1vs1を仕掛けて抜ける、取られない為に、助ける(ブロック)動きだけで終わるのではなく、ブロック後の相手の背後にスペースをブロック者や3人目のサイドのプレイヤーが狙う。
ブロックで助けられたプレイヤーの選択肢(同サイド、逆サイド、縦パスやドリブル)が広がる。

 

 

 

 

 

○ゲーム/総評

横の繋がり上手く使うことは出来てきましたが、そればかりにはまってしまい何故今それをしているのか、今その戦術が最適なのかの見極めが定まっていませんでした。戦術にはまってしまうのではなく、グループ戦術を生かしながら個人戦術を取り入れるタイミングを見逃さないように周りの状況を常にチェックしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

子供達に関わる人への気付きや、問題解決への考えなどを長本大将が投稿して、
橋谷 英志郎が分析手法などを投稿し、
藤井 健太の子供向け、親子向けにトレーニングが出来るレッスン動画を配信している

↓そんなオンラインサロンはこちらです↓

    画像を押すとページに飛びます     

 

 

 

 

 

 

どのクラスも和気藹々と練習を行っています!1人での参加、未経験者大歓迎★☆
コーチ達が優しく指導させていただきます。
体験はこちらのフォームからお願い致します